女性のネットワークエンジニアの子育て両立

ネットワークエンジニアという仕事は、当然ネットワークに関する専門的な知識や経験が求められます。特に、いろいろなシステムに対応するために必要な標準的なシステムに関する経験が必要でしょう。また、システム全体を見通す視野の広さや多くの関係者と連携するコミュニケーション能力や協調性も必要です。また、女性らしい配慮がネットワークシステム設計には活きるため、女性が活躍できる仕事でもあります。

女性の場合、出産等を機に子育てとの両立を目指して独立してフリーランスとして仕事を続けることもあります。しかし、フリーになってみて会社員だった時とのギャップに悩まされる場合もあるかもしれません。会社員だった時は、育休等の制度があったり周囲のサポートが得られるため子育てとの両立ができていたものが、仕事の量を調整できるからという理由でフリーになった途端、逆に受けた仕事を完遂するために融通がきかなくなるというギャップを感じることもあるのです。

そういった場合の対処方法としては、子育てに関し夫や両親の理解を得てサポートをしてもらうか、保育施設を上手に活用する方法があります。それ以外にも有効なのは、オンとオフを自分なりにはっきりさせて仕事をマネジメントする能力を磨くことです。それによってフリーとしての自分のキャパシティーを正確に把握することができ、エンジニアの仕事と子育てを上手く両立することができるようになるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です